コピー機は買取りかリースか

コピー機をオフィスに備えるときに、買取った方(前者)がいいのか、リース(後者)にした方がいいのかで迷うことが結構あります。どちらがメリットが多いかということで、メリットの多い方を選びたいということがあるからでしょう。

でも、結論から言うと、一長一短でどちらにもメリット・デメリットがあるということなのです。
いや、デメリットと言うのは言いすぎで、どちらのメリットを活かすかの選別だというのが、正しい答えと言えます。

まず、前者のコピー機の買取ですが、一括現金払いなど支払い方にもよりますが、値引きが可能であり、そこに大きな魅力があります。

All Aboutの最新情報を公開しています。

たとえ値引き幅が少なくても、後者の契約の総額と比較すれば、経済的なメリットは明らかなくらい、当体的には安く手に入れることができるというものです。


ただ、場合によれば、設備として扱わなければならないので、固定資産として扱わなければならず、これに伴い固定資産税がかかるということがあります。

では、コピー機のリースはどうかと言うと、買取に比べ月割計算して総額を算出すると、割高になることは事実ですが、契約期間を経過した場合、格段の安さで再契約できるという大きなメリットがありますし、何よりもまとまったお金を用意しなくてもよいというところが決定的な魅力です。
固定資産税のことは前に触れましたが、こちらは一見対象外のように感じますが、実は法律の改正があり、こちらにも固定資産税がかかるようになっていますので、この項目は比較対象外のことになります。



さて、そこでどうするかですが、まとまったお金があれば買取りで、まとまったお金を用意しないで済まそうというならリースでということが、結論になります。

珍しいコピー機のリースはとても評判が良いです。